えいきゅうのやみ

日々の出来事、感想、備忘録等、気ままな日記帳

画鋲

画鋲が行方不明になった。

私の家の寝室には、写真やメモ等を張り付けているコルクボードがある。そのコルクボードは、寝床の真横に設置しており、忘れそうだけど忘れてはいけない事を確認したり、写真を見て思い出に浸る事ができる等、あると中々役立つヤツだ。

ただ如何せん設置場所が悪いのか、起きた拍子等に体がボードに当たってしまうことが多々ある。昨日も、起きた拍子に手が当たって、メモと共に画鋲が飛んで行った。いつもなら拾って貼り直して終わりなのだが、今回は困ったことに、メモの貼り付けに使っていた画鋲が行方知れずになってしまった。

これが探せど探せど出て来ない。ちょっとした小物であれば「その内出て来るさ、その時を待とう!」と諦める事もできるが、物が物だけに 見つけてしまわないことには どうにも気持ちが悪い。天国だったはずの私の寝床が、一転して落ち着かない場所No.1へ早変わりである。もう、家以外のトイレで用を足している時にノックを連打されるぐらいのレベルで落ち着かないのだ。

その後も、最初から画鋲なんて存在しなかったのではないか?と思えてしまうぐらい、色んな場所を探したが それでも見つからない。私の脳内は徐々に「画鋲なんてなかった!」という考えで埋まっていく。無理やりそう納得しようとしていた。

しかし、再開は突然やって来る。

ほとほと疲れ果て、探すことを止めた直後、何気なく手にした本棚の書類の間から赤い画鋲が零れ落ちた。

何だ?そんなトコにいたのかい?本当に疲れた・・・真っ白に燃え尽きちまったよ・・・

down

コメントする




スポンサーリンク

管理人

マスクドライダー17号

マスクドライダー17号

ゲームとポイントサイトをこよなく愛するおっさんブロガー。心に闇を抱えている。

最近のコメント

姉妹サイト

ポイントサイト研究所
各ポイントサイトの詳しい解説や体験記など