えいきゅうのやみ

日々の出来事、感想、備忘録等、気ままな日記帳

戦後以降の日本の戦争不参加は憲法9条のおかげ?~素人もそこまで言って委員会~

time 2015/05/25

戦後以降の日本の戦争不参加は憲法9条のおかげ?~素人もそこまで言って委員会~

2015/5/24分 そこまで言って委員会感想

宮家邦彦氏の言葉が特に印象的だった。

「憲法9条があるから日本が平和だったのではありません。正しいパートナーを選び、潜在的な脅威を抑止したからこそ平和が保たれた。」

その通りだと思った。

当然、一国よりも二国、二国よりも三国で手を組んだ方が強い。同盟を組み、同盟国と足並みを揃える事で、相手国に「こいつらと喧嘩しても勝てない」と思わせることができれば喧嘩になり難いのは明白。日本が戦後70年間戦争をしなかったのは、憲法9条のおかげではなく、国民の意思はもちろんだが、強力な抑止力に支えられての結果だと思う。

ただ、今の日本の抑止力の大半は、完全にアメリカに頼り切っている状態だ。もし、アメリカが万が一の事態に陥った時、日本がアメリカを助けられない現状は、アンフェアだと感じる。助けは求めるけど、逆は知らんぷりでは卑怯ではないだろうか?こんな状態では、アメリカも本気で日本を助けてくれるとは思えない。

もちろん、戦争は絶対にダメだとは思うけれど、他国任せにするのではなく、皆で世界の秩序を守っていくという姿勢をとる必要があるように感じる。

てか、実際問題、アメリカがいなければ日本に攻めてくる国はある気がする。尖閣諸島の次は「沖縄は我らの固有の領土である」とか言ってきそうで怖い。

んで、次は「日本本土は・・・以下略」ってか。

down

コメントする




スポンサーリンク

管理人

マスクドライダー17号

マスクドライダー17号

ゲームとポイントサイトをこよなく愛するおっさんブロガー。心に闇を抱えている。

最近のコメント

姉妹サイト

ポイントサイト研究所
各ポイントサイトの詳しい解説や体験記など