えいきゅうのやみ

日々の出来事、感想、備忘録等、気ままな日記帳

百田尚樹氏に対するバッシングに違和感

time 2015/07/03

百田尚樹氏に対するバッシングに違和感

「沖縄の二つの新聞はつぶさないといけない」

百田尚樹氏のこの発言が波紋を呼んでいる。

これは沖縄県の地元紙「琉球新報」と「沖縄タイムス」の報道姿勢を批判するもの。これに対して二紙は「表現の自由をないがしろにしかねない問題発言だ」と百田氏を激しく糾弾している。私が各社の報道を見た限り、どこも徹底的な百田氏批判ばかりだ。

この偏った報道と百田氏バッシングに私は違和感を覚えている。

公的な立場である国会議員が、それを言ったなら問題だろう。しかし、百田氏は民間人である。民間人である百田氏が何故ここまで徹底的に叩かれているのかが私には理解できない。

本来、中立であるべきマスコミが、民間人の発言を糾弾し潰そうというのなら、あんたらこそ表現の自由をないがしろにしているのではないか?そう感じるのである。

民間人の発言に対して糾弾している政治家なんてもっと最悪。何故なら、それは本当の意味での言論弾圧なのだから。

表現の自由を主張する者達が、表現の自由を否定する。

やっぱり どう考えても変だ。矛盾している様にしか見えない。

民間人の発言で潰れてしまうような報道機関なら、いっそのこと潰れてしまえば良い。もし、そんな報道機関があれば、何の発言がなくても勝手に潰れてしまうだろう。

down

コメントする




スポンサーリンク

管理人

マスクドライダー17号

マスクドライダー17号

ゲームとポイントサイトをこよなく愛するおっさんブロガー。心に闇を抱えている。

最近のコメント

姉妹サイト

ポイントサイト研究所
各ポイントサイトの詳しい解説や体験記など