えいきゅうのやみ

日々の出来事、感想、備忘録等、気ままな日記帳

【DQMJ3】予測即死パーティー

time 2016/11/11

【DQMJ3】予測即死パーティー

私がDQMJ3の対戦で使っている予測即死パーティーを紹介します。ご参考までにどうぞ(^^)

※動画は旧予測即死パ

パーティー概要(新旧共通)

今作の物理予測は、予測側が眠り攻撃やマヒ攻撃等の特性を持っていれば、それらの状態異常効果が物理反射に乗る仕様になっています。そして、反射攻撃であれば相手の耐性が何であろうと弱点扱いでの判定になるので、異常耐性が無効のモンスターにも状態異常を通すことが可能です。

今回紹介するのは、特性即死攻撃を持たせたモンスターに物理攻撃を反射させることで、どんなモンスターも即死させてしまおうと考えて作成した、予測即死パーティーになります。

伸るか反るか・・・全ては相手の物理攻撃を如何に引き出せるかにかかっていると言えるでしょう。

※私がYouTubeで使用していた予測即死パーティーは新旧の2通りがあり、勝率的にオススメは旧の方なのですが、モンスターが残っておらず記憶が曖昧(汗)旧予測即死パについては、記事末尾に覚えている範囲で紹介したいと思います。

新予測即死パーティーメンバー

奇数ターンを極力無傷でやり過ごすため、ジバルンバ対策に地耐性の高いモンスターを・・・そして即死させてしまえばOKということで、物理反射からの反射ダメージでオーバーキル⇒相手の最後のあがきで全滅というパターンを回避するために、ほどほどの攻撃力である「メタルスライム」「ゴールドエンゼル」「黒飛竜」「バラモスゾンビ」の4体を選びました。

メタルスライムの特性とスキルなど

★特性★
・ノーマルボディ
・亡者の執念
・ライトメタルボディ
・にげあし
・おすそわけ
・全ガード+

★スキル★
・じこぎせい
・耐性ガードEX
・ホラー

★アクセサリー★
・ダイヤのティアラ(MP確保のため)

★刻印★
・休みガード小
・守備力ガード小(テキトー)
・会心率アップ大(テキトー)

<備考>
みがわり役です。おすそわけに対してメドローアやメラゾーマを撃たれると辛いので、属性(&異常)耐性無効に組んでいます。亡者発動中はAIの物理攻撃を引き出し易い点に着目して、亡者がすぐに発動するようレベル1のまんまで参戦。亡者が発動し易ければ、亡者リザオにも繋げ易いハズといった狙いもあります。

その他、みがわりで真っ先にダメージを受けさせるためにポジションを一番上に配置します。

ゴールドエンゼルの特性とスキルなど

★特性★
・ノーマルボディ
・ライトメタルボディ
・全ガード+
・にげあし
・即死攻撃
・おすそわけ

★スキル★
・冥界の霧マスターSP
・キャット・リベリオ
・JOKER

★アクセサリー★
・はたらきリング

★刻印★
・地耐性ガード小
・休みガード小
・耐性ガード小

<備考>
基本的に物理予測役(おすそわけ)です。奇数ターンは、アストロンで凌いだり、無心のかまえで身代わり解除を妨害します。ゴールドエンゼルは素早さが非常に高いので(種込みで1700)素早さがそれ以下のモンスターであれば、アストロンや物理予測で「すてみ」を防ぐことも可能です。

黒飛竜の特性とスキルなど

★特性★
・ノーマルボディ
・AI 3回行動
・闇ブレイク
・こうどう おそい
・即死攻撃
・おすそわけ

★スキル★
・巨大モンスターつぶし
・雷雲の力SP
・ヒヒュドラード

★アクセサリー★
・大地の竜玉

★刻印★
・耐性ガード小
・ねむりガード小
・マヒガード小

<備考>
基本的に偶数ターンは、凍てつく波紋による身代わり解除を阻止するため、体技予測(おすそわけ)を・・・全予測をマスターしているので相手によっては臨機応変に踊り予測や息予測で相手の行動を潰し、物理攻撃を引き出し易い状況を作ります。奇数ターンは、凍てつく波紋で相手の身代わりを解除しつつ、かくらんの叫びで作戦を封じることが主な任務。

バラモスゾンビの特性とスキルなど

★特性★
・ノーマルボディ
・AI 3回行動
・ときどき冥界の霧
・こうどう おそい
・即死攻撃
・アンチみかわしアップ

★スキル★
・破壊神シドー
・ヒヒュドラード
・赤い霧マスターSP

★アクセサリー★
・メタルつぶしのベルト

★刻印★
・休みガード小
・マヒガード小
・ダメージ+3

<備考>
亡者メタルスライムをリザオラルで復活させつつ、黒飛竜と同じく凍てつく波紋とかくらんの叫びで相手の作戦封じを狙います。その他、ときどき冥界の霧で相手の蘇生と特性霧等を妨害。赤い霧を◎にして自ら冥界の霧⇒赤い霧に切り替えることで、亡者リザオを完成させつつ、自分より行動が速いモンスター達の回復&蘇生はしっかり妨害・・・ただし、この辺はAIの判断になるので、そこそこの確率で狙い通りに動いてくれないところが欠点です。ターン終了後、赤霧⇒冥界に切り替わらなかった場合も、相手によっては幻魔やすてみを潰せて助かる!?

その他、HPバブルの効果もあって攻撃力が低く、ダメージ0だと即死どころの話ではなくなってしまうため、固い相手でも出来るだけダメージを出せるように追撃の金印(ダメージ+3)を装着しています。

新予測即死パーティーの基本戦術

攻勢をかけるのは偶数ターン!!メタルスライムは身代わり、ゴールドエンゼルが物理予測、黒飛竜が体技予測、バラモスゾンビはメタルスライムに対してリザオラルをかけます。メタルスライム自体は即死攻撃を持っていませんが、1~2枠相手であれば物理攻撃を受けると、おすそわけで攻撃が全体化するので、他3体の即死攻撃を発揮することが可能です。

奇数ターンは、亡者リザオ+無心のかまえで、完全に防御に徹しつつ、偶数ターンに相手が防御やテンション溜めといった展開を防ぐため、黒飛竜&バラモスゾンビで作戦封じを狙います。

即死攻撃3枚反射で、即死確率6~7割程度(体感)。(眠り攻撃やマヒ攻撃は試していないので不明)

新予測即死パーティーの弱点

行動回数が多いパーティーであれば比較的容易に物理を引き出せるのですが、1回行動の相手から物理を引き出すのが想像以上に困難で、特にスキッパとは相性最悪でした。

また、すてみや幻魔の獄等に対しては、物理予測で反射しても、即死効果を得られない点に注意が必要。1回行動且つ、その手の戦術を使ってくる相手だと、赤霧を効かせなければ物理反射からの即死は難しいです。

その他、旧予測即死パーティーと比べると、予測要員が2枚少ないので、星降りのサンバや悪夢の呼び声に対応することが難しい点がネック。

基本的に受身なパーティーなのでグダると悲惨なことに・・・

以降、旧予測即死パについて

旧予測即死パは、ときどき黒い霧を撒いて呪文を潰しつつ、全員におすそわけを持たせて偶数ターンに4種の予測を構えることで、相手の攻め手を塞ぎ、AIの物理暴発を誘因するスタイルのパーティー。全員おすそわけ&即死攻撃持ちなので、1~2枠の攻撃も全体化して高確率で反射即死を狙う事ができます。

旧予測即死パーティーメンバー

「メタルライダー」「ドラゴン・ウー」「アトラス」「海のまもりガメ」

メタルライダーの特性とスキルなど

★特性★
・ノーマルボディ
・即死攻撃
・ライトメタルボディ
・にげあし
・おすそわけ
・全ガード+

★スキル★
・僧侶の知恵
・パラディン
・休みの力SP

★アクセサリー★
・大地の竜玉

★刻印★
・不明(多分、異常耐性アップ系)

<備考>
奇数ターンは身代わり、偶数ターンは予測を構えます。

ドラゴン・ウーの特性とスキルなど

★特性★
・ノーマルボディ
・超こうどう はやい
・即死攻撃
・いきなりピオラ
・いあつ
・おすそわけ

★スキル★
・舞踏魔プレシアンナ
・僧侶の知恵
・休みガードEX(or すばやさアップSP)

★アクセサリー★
・ほしふるうでわ

★刻印★
・不明(多分、異常耐性アップ系)

<備考>
物理予測役(おすそわけ)です。奇数ターンは、無心のかまえで身代わり解除を妨害します。いきなりピオラやアクセサリー等で素早さを盛ってあるので、ある程度の相手であれば物理予測で「すてみ」を防ぐことも可能です。(4枠ファイナルウェポン級の相手だと無理ですが・・・)

アトラスの特性とスキルなど

★特性★
・ノーマルボディ
・AI 3回行動
・ときどき黒い霧
・こうどう おそい
・即死攻撃
・おすそわけ

★スキル★
・冥界の霧マスターSP
・僧侶の知恵
・ヒヒュドラード

★アクセサリー★
・まんげつリング

★刻印★
・不明(多分、異常耐性アップ系)

<備考>
偶数ターンは予測、奇数ターンは凍てつく波紋で相手の身代わりを解除しつつ、かくらんの叫びで作戦封じを狙います。

海のまもりガメの特性とスキルなど

★特性★
・ノーマルボディ
・AI 3回行動
・ときどき黒い霧
・こうどう おそい
・即死攻撃
・おすそわけ

★スキル★
・破壊神シドー
・ヒヒュドラード
・僧侶の知恵

★アクセサリー★
・理性のリング

★刻印★
・眠りガード小
・マヒガード小
・ダメージ+3

<備考>
アトラスと同じく、偶数ターンは予測、奇数ターンは凍てつく波紋で相手の身代わりを解除しつつ、かくらんの叫びで作戦封じを狙います。

その他、HPバブルの効果もあって攻撃力が低く、ダメージ0だと即死どころの話ではなくなってしまうため、固い相手でも出来るだけダメージを出せるように追撃の金印(ダメージ+3)を装着しています。

旧予測即死パーティーの基本戦術

反射即死を狙うためには物理予測が必須。相手がすてみを狙っている場合もあるので、可能な限り物理予測は素早さの高いドラゴン・ウーにお任せします。

また、奇数ターンを凌ぐ際、基本的に無心のかまえを使っていく事になるのですが、体技反射壁を作ると、相手のAIが とりあえずソレを突破しようとテンション上げに走ってしまう事も多いので(特に1回行動相手だと死活問題)、明らかに凍てつく波紋が無さそうな相手には、アトラスのアストロンや他の手段で逃げた方が無難です。

黒い霧で呪文を封じ、物理・踊り・息・体技を予測で塞げば、行動回数の多いモンスターは大体物理を打ち込んでくれます。この相手なら、この予測はいらないという状況であれば、予測要員から溢れたモンスターに かくらんの叫びで作戦を封じさせたり、ゼロのしょうげきで霧の切り替えを阻止させることも可能です。

即死攻撃4枚反射で、即死確率7~8割程度(体感)。

旧予測即死パーティーの弱点

基本的には新物理予測パと同じです。新物理予測パと比べると、全員予測持ちで柔軟性は高いですが、やっぱり1回行動相手だと物理を引き出すのが中々難しく、スキッパとは相性最悪です。(もちろん、1回行動でも相手が物理型なら話は別ですが・・・)

その他、赤霧持ちがおらず、幻魔型の対応が難しいので、休み耐性を疎かにするのは賭けになりますが、ドラゴン・ウーの休みガードEXを赤霧入りのスキルに変えると良いかもしれません。

down

コメントする




スポンサーリンク

管理人

マスクドライダー17号

マスクドライダー17号

ゲームとポイントサイトをこよなく愛するおっさんブロガー。心に闇を抱えている。

最近のコメント

姉妹サイト

ポイントサイト研究所
各ポイントサイトの詳しい解説や体験記など